FC2ブログ

いらっしゃいませ。お話の各1話目はこちらから。

はじめまして itti(イッチ)と申します。こちらは、イッチが趣味で書いておりますBL小説やイラスト、漫画などを盛り込んだ憩いの場所。全てはボーイズラブに傾いておりますので、共有して頂ける方はどうぞお入りください。尚、別のサイトでも活動しております。pixiv・アルファポリス・fujyossy・エブリスタでもBL小説やイラスト、漫画、などを投稿中。現在のお話と 過去の小説の各一話目にリンクを貼っておきますので、「題名...

[ 身も蓋もない話をしようか。 ] #39

 駐車場で亮さんたちと別れ、俺は山口の車に乗り込む。この間の微妙な空気が思い出されて俺は黙り込んでしまったが、窓の外をぼんやりと眺めながら、この四日間いったい何処で何をしていたのか山口に訊くはずだった事を思い出した。「そういや、どうして休んでいたんだ?具合でも悪くなったとか?.......それとも就活?」顔を見ずにそう訊くと、「ちょっと親戚に不幸があってさ。オヤジの田舎に行ってたんだ。流石にまだ就活はし...

[ 身も蓋もない話をしようか。 ] #38

 「良かったら何か飲み物でも。この間のお礼って云ったらアレだけど・・・」亮さんがそんな事を云うから山口は俺の目の前の席に腰を降ろしてしまった。心の中で頭を抱える俺。亮さんは山口が俺にした事を知らない。かといって露骨に嫌な顔も出来なくて.....。「すみませんねぇ、じゃあ、お言葉に甘えて。.......すみませーん、コーヒーをひとつ。」注文をしてしまうと、山口が俺の顔をチラリと見る。それから隣の竜司に「いっぱい...

[ 身も蓋もない話をしようか。 ] #37

 ファミレスに入って席を案内された俺たち。一番先に奥のシートへ乗り込んだ竜司だったが、俺が隣に座ろうと屈んだ時だった。「あっ、ケント!!」大きな声で叫ぶと、立ち上がって斜め右のテーブルを指差す。「.....え?」俺も竜司の視線の先に目をやると、「あ、........」と声にならない声をあげた。「誰?」亮さんが不思議そうに訊く。こんな所に竜司の友達がいるのかと探しているようだったが、名前を呼ばれて竜司と俺の方を...

[ 身も蓋もない話をしようか。 ] #36

 スマホを見つめながら考える。いつも連絡をくれるのは山口からで、俺からした事は殆どなかった気がする。こうして眺めていてもアイツから電話やメールが来る事は無くて........。いったいどうしたんだろう。俺との事があるから学校に来づらいとか?でも、そんな事を気にするんならあの時のキスは冗談じゃないなんて云わない。もっと堂々としているはずだ。本当に就活の為なんだろうか。ベッドの上でぼんやり考えていると、突然手...

[ 身も蓋もない話をしようか。 ] #35

 山口の顔を見なくなってから4日が過ぎた。殆ど同じ授業を取っていたのに.........「なあ、山口どうしたんだ?最近学校来てないよな?」同じ学部の奴に訊いてみたが、「そういや見てないな。きっと就活してんじゃない?」と云われ。早い奴らはこの時期から就職活動に励みだすが、山口も?「アイツ何処狙いだっけ?」「前に聞いたのは外資系。山口って英語も得意じゃん?........あれ、いつもつるんでいる木下が知らないって.........