【あの日あの時・あの場所で・・・】

「まてぇぇッ!!」ドカドカドカ…ッ いかにも怪しげな雑居ビルの店から、叫び声を上げて飛び出して来る若い男たち。彼らは辺りをキョロキョロと見回すが、目当ての人間がいないのを確かめると、「チッ!」と舌打ちをして店の中に消えていった。しばらくして、細い通りから出てきたのは、見た感じ20歳ぐらいの青年と、上半身裸の少年。「…行ったみたいだね?………出ておいで、青木 広斗くん。」「ヤッバイ・・・・マジでダメかと思った。・...