境界線の果てには。(003)

昼食後の授業程自分との戦いを強いられるものはない。空腹は満たされ、講師の説明さえ耳には心地よい子守歌に聞こえる。広斗は机に肩肘をついてすでに目を閉じている。隣に座る真咲が、ニヤついた顔をしているのも知らずに・・・・・。真咲は前後に生徒がいないのをさりげなく首を回すふりをして確かめた。窓側後列に座るのは広斗、真咲の二人だけ。ほとんどは前列に座り、講義を必死でメモしている。今年単位を取らなければ後が大...

境界線の果てには。(002)

_________________________________________________________あの事故から4年経つっていうのに、いまだに忘れられないのは、あの血だらけの顔。運動場の隣の建設現場で、クレーン車が横倒しになって、俺たちのいた倉庫の屋根を直撃した。おかげで、サボってあんなトコに居たのがバレるし、高3の女子は、入院で大学受験に失敗するしで、えらい目にあったよ。.................極め付けが、俺。あれ以来女の子と密室に居られない。...

境界線の果てには。(001)

この世に起こっている事件や事故。その全ては他人事。そう思っていたのは3年前まで。______________まさか自分がその中に身を投じるなんて思ってもいなかった。ズドウン  ズドウウウウウンンンンン   ガガガガガツ一瞬何が始まったのか分からなかったが、取り合えず部屋の天井に目が行く。メリメリツと壁を支えている梁のようなものが折れて、その下が引き裂かれた様に割れ始めた。「「ぅわっっ!!!!な、、、なに??」」一緒に...

境界線の果てには。 「あらすじ と 人物紹介」

〔あらすじ〕過去の事故のせいで、心にトラウマを抱える広斗は女性と付き合えない。そんな広斗に優しく接する真咲。不毛の行為だけを繰り返してきた広斗は、真咲と付き合うようになる。そして、二人が付き合い始めて1年と半年が過ぎた。互いに大学生の二人を待ち構える現実とは—-----〔主要登場人物の紹介〕『青木 広斗』 アオキ ヒロト  173cm/55kg大学3回生で細身の綺麗な顔立ちの男子。トラウマ抱えているせいで...