『曇天の月』 033


 ベッドの上で、横向きに寝転んだ司の髪をドライヤーで乾かしながら考える。
自分の会社が大変だって時に、人の恋路をなんとかしようなんて、呆れられるかと思ったが・・・
案外、司は懐の深い奴なんだな。ま、そう言いながらも、コレはオレのもの。なんて言われたら、可愛くてヤリ倒したくなるっての。

外見と中身のギャップが、あればあるほど惹かれる。人なんてそんなものだろう。


「司、乾いたぞ。....... ツカサ......?」

見ると、すやすやと気持ちよさそうに寝ている。
俺はそっと布団を掛け、自分は洗面所へ行くと自分の髪を乾かした。
それから、ベッドに身体を滑りこませると、横を向いた司の脇から腕を伸ばしそっと抱きしめながら目を閉じる。
出来れば、これから起こる全ての事が、うまくいくといいんだが・・・。そんなことを思いながら、いつしか眠ってしまった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント