【曼珠沙華】 炎に落ちる 007


 日本家屋の開き戸を開けると、2年前まで勝手に上がり込んでいた部屋がやけに新鮮に感じて。

ゆっくりと部屋の中を見回すと、棚に置かれた写真立てに目が行った。
そこに移っていたのは、中学の陸上部の仲間たちと、俺ひとりが映った写真。

桂がどうしてこんなものを飾っているのか不思議だった。

桂は科学部で、陸上とは全く縁がない筈。
たまに俺が呼び出して、運動場で待たせてはいたけど・・・・・。

「お、懐かし~、これ千早じゃん。なんでココにあんの?」
長谷川が、俺に変わって聞いてくれる。

「ああ、それは・・・・卒業してから中学へ行ったときに、陸上の顧問だった先生に出会って、最後の部活の時に撮った写真が出てきたから、千早に渡しといてくれって頼まれて・・・・・。ごめん、置きっぱなしで忘れてた。」

桂は申し訳なさそうに言ったが、俺が避けていたから渡しづらかったんだろうと思った。


中学を卒業してから今日までの間、互いの顔すら見ることが無かったんだから・・・・・。

「お前ら、ホントにおかしいよな!あんなにべったり仲良かったのにさ、卒業前は全く別行動だったじゃん。ケンカでもしてるのかなって思ってたんだけど。」
長谷川は、俺たちの間に流れる空気を感じていたんだ。

何処かよそよそしくて、互いに目で追うばかりで、声を掛ける事はなかったから・・・。

「まあ、受験でいろいろ忙しかったから。・・・・・丁度良かった、コレ持って帰れよ。」

「ああ、・・・・・ありがと。」

桂から写真を受け取ると、それをバッグに入れた。


大きなテーブルの上に教科書を並べると、桂に質問をして分からない所を教えてもらう。
昔と同じで、分かりやすく説明してくれて、俺と長谷川はただ感心するばかりだった。

問題集に目をやる桂の長い睫毛を見ながら、俺は懐かしいような恥ずかしいような気持になる。
昔は何の意識もせずに、目がデカくていいな、なんて思うだけだったのに・・・・・。
今は変に意識してしまう自分がいる。

「そういえば、彼女の話聞かせてよ。この間ははぐらかされたままだったし・・・。」
長谷川が桂の顔を覗きこむと言った。

一瞬俺のペンを持つ手が止まった。

「なんでだよ、ヤだよ。話したって仕方ないじゃん。」
桂は長谷川の顔を手で押しのけると言ったが、俺の顔を見た。

「・・・・・・・」
俺は言葉が出なくて、そのまま問題集に目をやる。


「つまんね~の!この中じゃ唯一の彼女持ちだよ、桂は。参考までに聞かせてくれたっていいじゃないか、なあ、千早。」

「・・・・え?・・・・ああ。」

そう言うと、口元だけで笑みを作る俺。
本当は聞きたくはない。・・・いや、聞いてみたいかも。

高校生になった桂が、彼女とどんな付き合いをしているのか。

「もうヤった?」
唐突に長谷川が聞いている。
俺たち高校生男子の興味なんて、所詮こんな事ばっかり。
大抵の彼女持ちは、身体の関係を喜々として語りだす。
ラブホの情報まで・・・・。


「やめろよ。そういうの今はいいだろ?勉強するっていうから教えてるんだ。」

桂は本当にイヤそうに言うと、問題集をバタンと閉じる。
「勉強しないなら帰っていいよ。」

「・・・・・・・・・」

俺も長谷川も言葉が出なくて、ちょっと緊迫した空気が流れた。


そんな桂を見て、俺は思った。
きっと、今付き合っている彼女を大事にしているんだな、と。

だから、ただの興味本位でヤったなんて聞いてほしくはないんだと・・・・・・。

「ごめん。続き教えてくれよ。」
俺はもう一度、桂の閉じた問題集を開くと言った。

せっかく友達として話が出来る様になったのに、こんな事で、また疎遠になるのは嫌だった。

今なら、もう一度〈トモダチ〉をやり直せる・・・・・。




ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント