【曼珠沙華】 炎に落ちる 011


 初対面だというのに、その男は睨んでいる俺に笑いかけてきた。

「小金井・・・・・帰ろうぜ。」
柴田が俺の腕を掴むと引っ張ったが、俺は動きたくなくて。

確かに花を蹴った格好になって、そこは叱られてもしょうがないと思ったけど、毒があるとか・・・・・。
そんなウソを言って俺を怖がらせようっていうのが腹立たしい。
小学生じゃあるまいし・・・・。

「そんなの聞いた事ない。毒性の花がこんな所に生えてるわけが無い、小さい子だって通るのに・・・。」
俺が斜に構えて言うと、男はへらへらしながら俺たちの背後に回った。


「別にいいけどさ、そういうの知らないで綺麗だね~って、眺めてても。でも、お前の手についた汁、舐めるんじゃないぞ。ちゃんと家帰ったら手を洗っとけ。・・・じゃあな、少年たち。」


自分の言いたい事だけ言って、さっさと俺たちの前を歩いて行く姿に、俺も柴田も唖然としてしまった。
腹が立つけど、何も言い返せなくて悔しい。
本当に毒なんかあるとは思っていないけど、この花の事を何も知らない俺は口を閉じるしかなかった。


変な男は、俺たちの前をタラタラと歩いている。

俺より少し体格が良くて、服装は案外きまっているのに、なぜか裸足にサンダルって・・・・。
真夏じゃないんだから・・・・。


「あれ、絶対無職だな。大学生には見えないし、サラリーマンなんて全く無理そう。ヤバイ奴なんじゃねぇ?」
柴田が小さい声で俺に話しかけるが、俺もそう思っていた。

時たま店の手伝いで、歓楽街の事務所や店に花束を届けるが、その時街をぶらついている若い奴らと同じ匂いを感じた。

チャラチャラして、何の目的も持たずに遊んでいるような大人。
俺の目にはそう移った。

「あ、やだなぁ・・・アイツも同じ電車に乗るっぽい。まさか降りるとこ一緒じゃないだろうなぁ・・・・。」

柴田は本当に嫌そうな顔を向けると、目を合わさない様に反対方向を向く。
でも、柴田と向かい合う俺にしたら、バッチリ目が合う位置で・・・。

背中を向けるのは、負けた気がして嫌だったから、俺は普通に前を向いて電車に乗っていた。
それでも、視線は合わない様に、少しずらす。

「さっきの女子、結構可愛かったな。おれ、一緒に学祭いってもいいけど、どうする?」

「・・・・・考えとくよ。」

柴田の方が行きたそうにしていて、ちょっと可笑しかったが、すぐに返事をする気にもなれない。

案外こういうのがきっかけで、付き合いが始まったりするのかな?!

女の子を避けていたけど、うちのアネキを思い浮かべれば、別に緊張する事もない。
俺がホモかどうかも分かんないんだから、取り合えずゆっくり話とかしてみるかな・・・。

そんな事を考えていたら、柴田が先に降りる駅に着いた。

「じゃあな、また明日・・・。」
「バイバ~イ。」

ひとりになって、入口に近い所の吊革を掴むと、外の景色を見た。


「おい、手を洗えって言ったろ。お前の触った毒がその吊革を介して別の誰かに回ってもいいの?」
俺の耳もとで声がして、ギョッと横飛びをしてしまった。


サンダル履きの男は、真面目な顔をして俺を見た。

- なんなの、コイツ。・・・・・・・・・・まだ言ってる・・・・・・。


気味が悪かった。


「触りませんから・・・・・・。どこにも触れません。」
俺は慌てて、吊革を拭こうとしたがハンカチなんか持っていなくて・・・・

ポケットの中に唯一あったのは、さっきもらった学祭の案内用紙とあの子のプロフィールが書かれた紙。

仕方なく、それを広げるとティッシュ代わりに吊革を拭いた。

- あああ~、何やってんだよ、俺は・・・・・


「そんだけ拭けばいいんじゃない?!」
サンダル男が笑いかけながら言うから、俺はムッとなった。

次の駅に着くと、ゆっくりドアが開き、学生や通勤客が一斉に降りて行く。
俺も「失礼します。」というと、開いたドアから出て行った。


- ふぅ・・・、よかった・・・・これで開放された。

俺はホッとして胸を撫でおろすと、後ろを振り返った。




ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント