【曼珠沙華】 炎に落ちる 019


 天野さんという人は本当に謎の多い人で、目鼻立ちのはっきりした顔は女の人にもモテそうだし、美容室のオーナーだし、家からしてお金もありそうなのに、どことなく胡散臭さを感じるのはどうしてだろう。

向かいに座る天野さんに目をやると、じっと見てしまった。

「なんだ?顔に何かついてる?」
自分の頬を擦りながら俺に聞くから可笑しくなったが、「いいえ、別に。」と、首を振った。

しっかりと胃袋を満たした俺は、さっきよりも元気が出たみたいで、立ち上がると食器を片付ける。
流しに持って行くと、洗おうとしたが、「そのままでいいから。チハヤくんは薬飲んで横になってろよ。」と言われる。
テーブルの上には、ちゃんと食後の薬まで用意してくれていた。

「でも、悪いですし・・・。」

「いいって。それとも、また熱が出てもいいのか?今度弱った姿をオレに見せたら、どうなるかは知らないよ。」

「え・・・・?」
また変な事を口走っている。

「あの、俺は男ですから、別にどうにもならないですよ。残念ですけど。」

結局そのままにして、テーブルにつくと薬を口に入れた。

熱は下がっていると思うけど、天野さんの好意に甘えて今夜は泊めてもらうことにする。
明日学校へ送ってくれるっていうし、たった一日、一晩の事だ。
お礼は、また今度考えようと思った。


- - - 

軽くシャワーを浴びて、スウェットの上下を借りると、さっきのキングサイズのベッドに潜り込む。

- 男二人でも余裕だな。

そんなことを思いながら、天野さんの寝る場所から少し離れて背を向けるようにした。
なんとなく、陸上の合宿を思い出す・・・・・。

俺が独り占めするように横たわっていると、シャワーを終えた天野さんがベッドに入ってきた。
目を開けると面倒なので、俺はそのまま眠ったふりをして目を閉じていた。

余裕のあるはずのベッドが、どういう訳か俺の背後には天野さんの腕が添えられていて、足もすぐ後ろに感じられた。

なんか・・・・・こういうのって・・・・・、
考える間もなく、天野さんの腕は俺の脇腹を抜けて腹をつつむ。

後ろから抱きつかれる格好になって、ちょっと焦る俺に気づいたのか、
「このまま寝ようよ。落ち着くから・・・。」

そう言って天野さんは動かなかった。

「・・・・・はい。おやすみなさい・・・・。」
「うん、・・・」

本当に、このままの格好で寝る気だ。
俺はなんとなく落ち着かないんだけど・・・・と思いながらも、動くわけにもいかずじっとしていた。

それでもいつの間にか、背後で聞こえる天野さんの寝息につられるように、俺も眠りに落ちたようで.........。




ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

> 抱き枕状態~~。 笑
> でも、しばしば抱き枕は’触られ放題枕’(?!)というベツモノになってしまうのです、よ♡
>
お~、色々な活用法のある’枕’
チハヤはどんな’枕’にされてしまうのでしょうね?!

> ご用心、ごようじん。

はい、すでにチハヤはビビっています。
まだまだ未知の世界で、天野さんの事も分からないので。(´∀`*)ウフフ

こちらにお越しいただき、有難うございます。
チェリーのチハヤですが、よろしくお願いしま~す。(*^^)v

No title

抱き枕状態~~。 笑
でも、しばしば抱き枕は’触られ放題枕’(?!)というベツモノになってしまうのです、よ♡

ご用心、ごようじん。