【曼珠沙華】 炎に落ちる 025



 ヤバイヤバイヤバイ・・・・・・・。

電車に飛び乗って、目の前の人にぶつかりそうになるが、俺の頭の中は興奮状態で。
空いた席に身体を沈めるが、勝手に足がバタついて、向かいに座った人にジロリと見られた。

なんとか堪えて、自分の降りる駅に着くとまた走り出す。
本当にバカみたいだって自分でも思うけど、叫びたい気持ちを堪えているから仕方がない。

天野さんに話そうか、どうしようか・・・・・。
このまま、天野さんの美容室に行けば会えるのかな。
でも、会ってどうする? さっき見た事を話したって「やっぱりな。」と言われるだけ。

俺は、このまま交差点を突っ切って店に行こうか迷っていた。
とても一人では気持ちの整理がつかなくて.........。
天野さんに聞いてみたい。
そういう人たちが、どんな風に過ごしているのか。
相手を見つけられるのか、とか、どこで分かるのか、とか・・・・・・・。



取り敢えず、俺は店の前まで行くと外から覗いて見る。
この間いたスタッフが、受付の所で立っていたが、俺には気づいていなくて奥のお客さんを見ているようだった。

店の中は広くて、天野さんがいるのかいないのかさえ分からない。
だからって中へ入る勇気はなくて・・・・。


しばらく歩道のフェンスに腰を掛けて、天野さんの顔が見えるのを待った。
そこまでして何を必死になっているんだと、もう一人の自分が笑うが、気持ちの奥で興奮は抑えられないまま。

男同士が抱き合っているのを見て興奮した。
昔、さつきに押し倒されて、キスをされた時は何も感じなかったのに・・・・。
むしろ違和感の方が強くて、こんなにドキドキする事もなかった。
「おかしいんじゃないの?!」と言われた言葉だけが頭の片隅に残っているだけだ。

- 天野さん、今日は店に出ていないのかな・・・。
そもそも、あの人はオーナーだし、この間もうちの高校の近くをうろついていて、店にいるって方が少ないんじゃないのか?!

そんなことを考えながら、店の中をじっと見る俺は、かなりヤバイ奴。

ふと、店のドアが開くと、中からスタッフの女性が出てきた。
まっすぐ俺の方に向かってくるから少し身構えたが、彼女は「中で待てば?」と、笑って言った。

「え?!・・・・俺?」

「オーナーは、奥のスタジオでメイク中です。あなたの姿は、中からバッチリ見えてますよ。知らない人が見たら不審者です。」

「ええ?・・・すみません。ちょっと、入りづらくて・・・。」

「ふふふ、、、どうぞ、中で待っててください。」

俺は頭を下げたまま、スタッフの人について行った。
ドアを開けて入ると、一斉に視線を浴びて恥ずかしかった。元いた場所に目をやると、ガラス張りの店内からは丸見えで。
外からは中が見えにくかったのに・・・・・。


案内された奥のスタジオでは、天野さんが助手の人に何か指示をしながらメイクを施していた。

先日の、人をおちょくった子供っぽい顔とは大違いで、真剣な眼差しは男の俺が見てもカッコイイ。
正直、見惚れてしまう。

目鼻立ちのハッキリした顔は、ちょっと男っぽくもあって羨ましかった。
- この顔で、男とも付き合うんだ・・・・・。

そう思ったら、また学校で見た光景が浮かんでしまい赤面した。





ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント