【曼珠沙華】 炎に落ちる 048

 
 .................ん、..........ン、

天野さんの舌が俺の咥内を這うと、鼻から息が洩れて、酒の匂いが伝わり酔いそうになる。

「あ、まのさ、ん............もっ、.......」
少し手をかざすと、口元を隠す様にして言った。

これ以上は自制がきかなくなりそう。

スタッフがカーテンの向こうにいるのに、興奮したらヤバくて・・・。


「じゃっ、上に行こうか?」
天野さんがにこやかに言うけど、俺はちょっと返事に困る。

みんなが楽しんでいるのに、俺と天野さんが抜けるのは悪いんじゃ・・・・?!


「悪いよ。みんな天野さんと話したいだろうし、スタッフの慰労会なら天野さんがいなくちゃ。」

天野さんの胸に手をやると、少し押す様にして言った。


「・・・そうだな・・・・。まあ、千早くんがそういうなら、今日はみんなと居る事にする。」

「うん、じゃあ俺は帰るから。暇になったら、また遊んでください。」

「残念だなぁ・・・。歳を越すまでは予定がいっぱいでね。お正月も会えるかなぁ・・・。」
本当に残念そうに言うから、ちょっと切なくなる。
でも、ここは大人の天野さんに合わせる方がいいだろう。

「いつでも呼ばれたら来るから。天野さんの時間が出来たらでいいよ。」


「・・・・・オッケー、じゃあそうさせてもらうな、・・・・・。」

微笑む天野さんに、俺もにこっと笑いかける。
それから、カーテンを開けて店の方に進むと「おやすみなさい。メリークリスマス!!」と大きな声でみんなに向かって言った。


「え?!・・アレ、帰っちゃうの?」と、スタッフの誰かの声がしたけど、ゆっくりドアを閉め、そのまま舗道を歩いて行った。




賑わう街の雑踏と、軽快なクリスマスソングを聞きながらも、俺の気分は晴れなくて。

天野さんに合わせて、大人ぶった自分が少し滑稽に思える。

普通の恋人同士は、どうやって過ごしているんだろう・・・・。

こういう、イベントみたいな事を一緒に過ごすことで、’好き’って気持ちが強くなっていくのかな・・・・?





家の近くまで来て、何気なく交差点の先に目が行くと、さっき病院で別れた桂の事が頭をよぎる。

頭から布団を被ってしまって、あんな拗ねるような桂を見たのは初めてだった。

今まで、アイツは俺なんかよりも大人で思慮深くて、何でも教えてくれる存在だったから・・・。

訳の分からない事を俺に言って拗ねるだなんて・・・・・。



はぁ~~~~


クリスマスに、一人でため息をつく俺って可哀そう。





- - - 


翌日、俺は柴田にメールを送ると、桑田さんの元カレが入院したって伝えるように頼んだ。
場所と部屋の番号を送ると、そっと携帯を閉じる。

おせっかいでも何でもいい、桑田さんは桂の事をまだ好きみたいだったし、お見舞いに来てくれたら桂だって嬉しいかも。

俺が行って、また変な感じになるよりはいいだろうと思った。

それに、気持ちのどこかで、アイツが一人でいることに不安を感じるんだ。
親は離婚して、日本にも戻ってこない。

桂は、ずっと祖父母の元に居て、孤独なんじゃないかと思った。

俺は、昔からそんな風に感じていたのかもしれない。
だから、用もないのに桂の家へ行って、勝手に上がり込んではしゃべっていたんだと思う。

桂が誰かと居れば、それで安心できるような気がした。


それが俺じゃなくても、別の誰かでも...................。






ご覧いただき有難うございます
応援頂くと嬉しいです。(´ω`*)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント