【曼珠沙華】 炎に落ちる 054



 ---どうして、こんなタイミングで・・・・・

頭によぎった桂の顔。

顔を合わせれば、また気まずいだけなのに・・・。
それでも、今度は電話を通知にする。

『あ、千早・・・・?!』

「うん、・・・どうした?」

『さっきもしたけど、出なかったから…。』

「うん、ちょっと移動中で・・・。」

電話の向こうで桂の声が’あ・・・’というのが分かる。
ココが出先だという事が伝わったのか。

『ゴメン、出掛けてたんだ・・・・・。遠く?』

「いや、・・・・・美容院の上。」

そう言った後、少し間があいたのは桂が何かを感じているからか。
この間、車で送ってくれた人が天野さんだって話して、俺はお客さんだと言ったけど、桂は俺たちが付き合っていると思ったらしくて。

確かに、付き合ってはいるのかも・・・。
でも、恋人じゃない・・・と思う。
今日、こうしてスタッフの間にいる天野さんを見たら、余計にそう思った。

静かになった受話器の向こうで、桂は何をしているのかと気になる。

「どうした?!まだ入院してるんだろ?」
俺はベッドに背中を預けると聞いてみる。俺の頭の後ろには、寝息を立てる天野さんがいた。

『昨日退院した。・・・貴理に知らせてくれたんだってな。』
「うん、ごめんな。おせっかいだったか・・・。」

『・・・うん。おせっかいだよ。』
桂は、少し呆れたように言った。

俺だってそう思ったけど、あの時はそれがいいことだと思ったんだ。

「それで、そんな事を言うために掛けてきたのか?!もうすぐ年が明けるってのに・・・。」

『・・・年が明ける前に、千早に言いたい事があったんだ。今年中にカタを付けないと、オレはまた後悔することになるから。』

- 後悔・・・?
俺が黙っていると、尚も桂が話し出す。

『オレは、ずっと千早の事が好きなんだ。モチロン友達としてもそうだけど、あの日千早にキスをしたのは、そういう意味の好きも兼ねてだった。』

唐突に言われて、返事に困る。
息を飲んで記憶を遡ると、あの日の桂の瞳が浮かんできた。
俺の口元をじっと見て、焦点が合っていないような、虚ろな眼差し・・・。

「・・・桂・・・・・。」
名前を呼ぶ事しかできない。

『千早・・・・会いたい。オレ、そこに行ってもいい?』
「え?!・・・ここに?」

『そう、下に居て。顔見たらすぐに帰るし。どうしても年が明ける前に、千早の顔を見てちゃんと告白したいんだ。』

「・・・・・」
言葉に詰まって目頭を押さえた。

バカなヤツ。

なんで今更そんな事を言いだすんだよ・・・。
今まで気づかなかった自分の気持ちに気づいちゃっただろ・・・?!

心の片隅にあった燃えカスが、じわりじわりと熱を持つと、俯いた俺の頬が高揚し始めた。

「バカだな・・・。お前退院したばっかで、ウロウロすんな。傷口が開くぞ。」
そう言って止めようとしたが、桂は『大丈夫だ。走れば間に合うから。』と、本当に来る気らしい。

「待って・・・、俺が行くから。・・・俺ならダッシュすれば余裕で着くし。」
病人の桂を走らせるわけにはいかないと思った。それに、俺の中で桂に対する気持ちにも気づくものがあったから。


『ホントに来てくれるのか?・・・それって・・・。』

「うん、・・・俺も多分桂の事好きだと思う。だから、待ってて・・・。」
『分かった・・・。ありがとう・・・。』


電話を切ると、その場から立ち上がった。
携帯をお尻のポケットに入れて、一歩前に踏み出した時、不意に引き戻される感触が。


振りかえって下を向くと、布団から伸びた手が俺のジーンズを掴んでいた。


「・・・天野さん・・・起きたの?」
そう言って、手を取ろうとした俺に

「千早・・・・行かないでくれ。」



「・・・え?」



「この手を外したら、お前はここには戻って来ない気がする。」

天野さんは力なく言うが、掴んだ手は震えていた。

「天野さん・・・・・俺、・・・。」

「行くなっ!」

今度は力強く言った。

それでも、時計の針は俺と桂の想いを刻んでいく。


「天野さん、ごめん。・・・俺、行かないと一生後悔するから・・・、だから、ごめんなさい。」
そっと、天野さんの指を一本一本剥し終えると、その手の甲にチュッとキスを落とす。

「・・・・・分かった、気を付けて・・・。」

「うん。ありがとう・・・。」




ドアを開けると、俺はコートのボタンも掛けないまま、全力疾走で走った。


ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント