【曼珠沙華】 炎に落ちる 058



 --- ゴクリ、---
荒い息を吐く俺の耳に、喉の鳴る音が・・・。

「・・・か、つら・・・・。お前・・・・飲んじゃったの?」
恐るおそる聞いてみた。

「・・・・・・ん、・・・想像より苦い。・・・うぇ・・・。」
口を拭いながらそう言ったから、あっけにとられた。

「バカだな・・・・。ホント、バカ。」
枕もとのティッシュを鷲づかみにすると、桂の顔を擦る様にして渡した。

あんなの俺だってした事ない。

どうしてホモでもない桂があんな事知っていたんだろうか・・・。
少しだけ気になる。女の子にされた事あるのかな・・・・。

「ちょっと待ってて、今蒸しタオル持ってきて拭いてやるからさ。」
そういうと、シャツだけ羽織って部屋から出て行った桂。

俺は、一人ベッドの上で天井を仰ぐ。

心地いい疲れが、俺の全身を包み込むと、まどろみの中へと誘う。
身体はベッドに貼りついて起き上がれない程なのに、心は雲の上を漂っているようで。

桂のあんな男っぽい顔を見たのは初めて。俺の中で気持ちよくなっていた・・・・・。

そう思ったら一人恥ずかしくなる。



しばらくして、ビニール袋に蒸しタオルを入れた桂が戻ってきた。

「洗面器持ってこようかと思ったけどさ、あんまりガタガタしたら起こしちゃうからな。これで暖かいままだと思うけど、冷えてたらごめんな。」

「ううん、大丈夫だって。・・・・・なんか、優しいのな、お前。」

「・・・・ば~か、照れるだろ・・・。オレはいつだって千早には優しかったと思うけどな。」

「うん、そうだった。桂はみんなに優しいもんな。」

「え?・・・・違うって、オレは千早にしか優しくしないよ。他の奴らは目に入っていないんだから。」

「・・・・そうなのか?!・・・・・・へぇ・・・・・。」

なんだか益々恥ずかしくなった。
桂がこんなセリフを吐く男だとは思ってもみなくて。

俺の身体を丁寧に蒸しタオルで拭きながら、桂が言った。
「千早、・・・明けましておめでとう。」


「・・・・あ、・・・・そうか、年が明けたんだっけ。・・・・おめでとう。」

ちょっとにやけながら言ったが、タオルで身体を拭いてもらいながら、新年のあいさつをするなんて・・・・・。

まったく想像もしていなかった事が次々におこって、今年一年はどんな年になるんだろうと思った。

身体を拭き終わると、新しい毛布で包んでくれる桂に、心から『好き』だと伝えたい。
やっと自分の気持ちに気づけて、少し遠回りをしたけど、俺はこれからも桂の側で笑っていたいと思う。
大人になっても、近くに居られたらいいな・・・・。



「明日の朝は、洗濯だ・・・。」
笑いながら俺の顔を見ると、桂が言った。

「ははは、・・・・正月早々洗濯かぁ・・・。ま、仕方ないよな、自分の後始末はしなくちゃ。」

「・・・・・すごく嬉しかった、・・・・千早とこうやって抱き合えて、・・・・ホント、ありがとう。」
急に桂が真面目な声になって、俺を見つめる。

「・・・・、ば~か、ヤメロ。そんなに神妙な顔で言われると恥ずかしいよ。俺だって桂と・・・・・、俺も嬉しいんだからさ。」
「うん、・・・」


互いにくっつき合って、おでこを付ければ笑みがこぼれる。

ここまで来るのに、2年。
そう思ったら、この2年の歳月があったからこそ、俺たちは互いに大事な存在なんだと気づけたんじゃないかな。
何処かでいつも桂の事を考えていた。桂もまた、俺の事を想ってくれていたんだ。

互いの額から、ほんのり暖かさが伝わると、俺たちは自然に目を閉じて心地よい眠りについた。






ご覧いただき有難うございます
続きが気になりましたらよろしくお願いいたします
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント