【曼珠沙華】 炎に落ちる 068

R18です。年齢に達しない方の閲覧はご遠慮ください。m(__)m





 ぁ、.................あっ...................んんっ.......

 背中に当てた枕が、俺の体重を受けて沈み込む。
ギシギシと音をたてるベッドの上で、一瞬素に戻った俺が「ば、ばあちゃんたち・・・・・・は?」と桂に聞く。
そう言えば、夕飯の時間になったのに静かだし、帰ってくる頃かと思うとドキリとした。

滅多に桂の部屋へはあがって来ないが、今の状況は見せられなくて。
腰を抜かすどころじゃない・・・・・。


「桂、・・・・」

「・・・大丈夫、今夜はカラオケだってさ。10時過ぎるって言ってたから・・・。」

..........ああ、そうか...........なら、初めからこうする予定ではあったわけだ。
そういう事なら................


背中の枕を外すと、俺は身体をひるがえした。
それから桂の肩を掴めば、ぐるりと体制を変えて俺の下に寝かせる。

「・・・ちは、や?」

キョトンとした目で俺を見るが、そのまま腰を落とせば狭い入口に桂をねじ込んだ。

うっ、.......、

少し顎が上がると、喉仏が大きく揺れる。
そこに俺の舌が這えば、桂の雄はどんどん硬さを増してくる。



俺の腰を掴むと前後に揺すり、いい処に当たると自然に俺の喉からは声が洩れ始めた。

強く突かれるのもいいけど、こうしてゆっくり回されると快感が脳天を突き抜けそう。
桂の雄は俺のものより逞しくて、しばらく馴染むのに時間がかかるけど、その後はこうして繋がっているだけで感じてしまう。

「スゲぇ、千早ん中・・・・。」
そういうと、桂は俺のものに手を伸ばしてきた。

「だ、め・・・。まだ触んな、・・・・も、ちょっと。」
ゆっくりと、桂の形に馴染んだところで腰を上下に浮かせてみる。

.....はっ、........っ............

上から見下ろす桂の顔が、みるみる艶っぽくなってくると、俺の中の征服欲の様なものが顔を出してきた。

桂の腕を取って頭の上で固定すると、俺は自分の好きなように動く。
時折、顔を近づけて軽いキスをすれば、どんどん気持ちは登っていった。


んん..............、っ...............


堪え切れずに桂の口に吸い付けば、俺は手を離して自分のモノに移し強く扱いた。
桂は尚も俺の唇を吸い続けると、片手で俺自身に手を伸ばしてくる。

「ん、桂ぁ............ぁ、ぃイ..........」

唇が離れると、声が洩れて快感の渦に呑まれそうになる。もう、自分の手なのか、桂の手なのか分からないけど、滑る指が敏感な部分を擦るとたまらなくて・・・。



んんんんっ...........、.......



二人で同時に果てれば、桂の腹の上には俺の放ったものが融合の痕を残した。







ご覧いただき有難うございます

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント