【曼珠沙華】 炎に落ちる085



 真っ赤な革張りのソファーに腰掛けた天野さんの前に立ち、桂は腕組みをした。

「で、話したい事って何ですか?」

切り出したのは桂の方で。
まんじりともせず、腕を組んだまま天野さんに視線を注ぐ。


「........気が短いなあ。桂くんはいつもこんな感じなのか?」
と、俺の方に顔を向けると聞いてくるが、急に振られて俺も焦る。

「え?・・・あ、・・・うん。こいつはわりと気が短いかも・・・。」
そんな事を言ってしまって、桂の顔を見たらムッとしているようだった。ヤバイと思った。
真面目な桂に、冗談は通じない。しかも、初めから喧嘩ごしの口調で、天野さんに何を言おうって思ったんだろう。

「あの、桂・・・、もう帰らねぇ?俺、カットしてもらいに来ただけだし、勉強もしなきゃならないし、さ.......。」

「千早は帰ってもいいよ。天野さんに話があるのはオレだから。」

そんな事を言われて帰れるはずもなく.......。


「そうか........,分かった。千早くんを自分のヨメにでもしたつもりか?なんでも言いなりにさせるっていうのは、どうかと思うけどな。」

天野さんは、ソファーの上で足を組み替えながら言った。
流石にカッとならない所は大人の対応なんだろう。でも、俺は二人の間でドキドキが止まらない。

「ま、いいや。オレの話を聞いてくれるっていうのなら・・・。もう分かっていると思うけど、千早くんとオレは関係を持ったし、オレは千早くんが可愛くて仕方ない。本当は、君たち二人の事を応援しようかと思ったんだけど・・・、ヤメタ。」

「は?・・・天野さん、何言ってんですか?!」
急に俺たちの関係を掘り返してもらっても・・・・・。
とっくに俺と桂の事は納得しているものと思っていたんだ。

「・・・アンタはずるい。大人だし、金も地位も名誉?もあるし・・・。自分の性癖に悩んだ千早を自分の玩具にしようとしてる。」

桂は、天野さんの顔を凝視すると、目を背けずに話している。
そんな姿を見ると俺が辛くなる。俺は桂を選んでいるのに.....。


「変な事を言うなよ。玩具になんかしてないさ。オレは千早くんをもっと高みに連れて行ってやりたいだけ。それに、彼の身体も大好きだから、ネ。」
そういうと、ニヤッと笑った。

- ああああぁ、

なんだか、すごい事を言いそうで怖い。

「ふざけんな、そんなのたぶらかしただけのくせに。千早はオレのものだ。アンタには渡さない!!」

桂が組んでいた腕を解くと、ソファーににじり寄ったから、俺は焦って間に入った。
こんなバカみたいな事で、殴り合いとか、シャレにならないよ。しかも男の三角関係みたくなってるし・・・


「桂、やめろよ。俺は誰のものとか・・・そういうんじゃなくて、でも、俺はお前を選んだんだ。ずっと一緒に居るって言ったろ?!」

天野さんには背を向ける格好で、桂の肩を掴んで言ったが、その手を振りほどくように身体を捻った。

「・・・・」

一瞬、三人の間があいて、張り詰めた空気が俺たちの身体を包み込む。


「へ、ぇ。そうなんだ・・・。ずっと一緒にネ・・・・・。なら、オレの出る幕はないって事かな?!」
天野さんが首を傾げながら、俺と桂を見る。
その顔は、残念そうでもあり、納得した様でもあった。
やっぱり大人だ・・・・。

桂の肩に手を置くと、俺は促す様にその場を離れようとしたが、急に桂がしゃがみ込んで床に手をついた。

「オレから千早を取らないで下さい。・・・お願いします。」


ソファーに身体を預ける天野さんに、土下座をする格好で、桂が言う。

ビックリした。

そこまでする事じゃない・・・。と、桂の横に座ると、その手を剥そうと引っ張るが、びくとも動かない。

「・・・ちょ、ッと・・・。」

流石に天野さんも慌てたようで、身体を起こすと立ち上がった。
それでも、桂はじっと床に手をついたまま。

「オレには、千早しかいないんです。..... だから、千早を取らないでください.......。」

「.....桂っ!!そんな事........」

驚く俺に、そっと顔を上げた桂が話し出す。

「正直、親の事もじいちゃんたちの事も、全部オレには重荷だった。・・・けど、近くに千早がいてくれて、オレは学校へ行くのが楽しかったし、毎日お前とつるんでバカな話聞かされても飽きなかった。昔から、千早はオレの支えだったんだ。」

「桂・・・・・。」

名前を呼ぶ事しか出来なかった。
両親の事で、辛いとは思っていたけど、俺を支えに思ってくれていたなんて。それは今日初めて知った事。








ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



:::どうもご無沙汰でした。
色々とありまして、更新が出来なかった事、本当にお待たせしてしまい申し訳なく思っております。
毎日コツコツ書いてはアップしていたのに・・・・・

これからも応援して頂けたなら、非常に嬉しいです。
初めの『境界線の果てに。』から、呼んでくださっている方もいらして、本当に感謝いたします。

もっと語彙力あれば・・・と思いつつ、これが私の持つ目いっぱいの想像力かな。。。とか、開き直ってしまいすみません。
日々、勉強ですよね! 頑張ります。

引き続き、千早と桂の二人を見守って頂けると有難いです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント