【曼珠沙華】 炎に落ちる101


 桂が向こうへ行って3週間。

相変わらず店は忙しい。嬉しいことだけど、前の様に達成感は得られなかった。
疲れて帰っても、労いの言葉を掛けてくれる相手がいない。ひっそりと、自分で作ったご飯をかきこんで寝るだけだ。

ポケットから携帯を取り出す。

桂からの電話は掛かって来なかったし、メールもない。
まあ、分かっている事だった。
向こうに行ってしまえば、毎日が生活をするのに必死で、仕事もきっと重労働。
現地の人間を沢山雇ってはいるが、現場の指示は日本の企業の人間がしなくちゃならない。

それに、今回のプロジェクトの中では桂が一番若いという。だったら尚更、桂に自分の時間なんかある訳がない。

そもそも、電波事情も悪いって言ってたしな・・・。
どうしても日本での生活を基準にしてしまうから、余計な心配をしてしまう。

こんなに繋がれないという事が不安になるなんて・・・。

今までなら、3週間ガマンすれば帰って来たのに・・・。一体いつまで続くんだっていうくらい、俺は限界を感じていた。




「元気してる~?!」

そう言って店に入って来たのは天野さん。

白いシャツのボタンを胸まで開けて、麻のパンツを穿いているが、足元は相変わらず裸足に草履だ。
今の時期ならまだいいけれど、冬でこれはちょっとイタイ。

「ちわ~っ。元気で~す。」
一応返事はしておく。

「なんだよー、元気ないじゃないか。・・・ちゃんと食べてんのか?オフクロさん心配してたよ?!」
カウンターに肘を乗せて、頬杖をつくと俺の顔を覗き込んだ。

目が合うと、口元がニッと笑う。
心配してくれてるのかな・・・。そんな事を思うと申し訳ない。

「オフクロ、俺には何にも聞かないのに・・・、なんで天野さんに言ってるんだか。俺は大丈夫ですよ、ちゃんと飯食ってますから。」

「そう?・・・ならいいけどね。どう?今夜オレとデートしないか?」
「え?・・・」

天野さんの顔をまじまじと見てしまった。
桂のいる所では、よく言う冗談。わざと桂を煽るのが好きなんだよな。でも、今の状況じゃ冗談と言えなくて・・・。

「ごはんだけなら、いいすよ。肉食わせてくれます?」
俺も少しだけニヤけて聞いた。昔の様にマジに受け取って断るのも大人げないし。

「肉、ねぇ・・・。いいよ、焼肉にしようか?」

「いいんですか?・・・なら、8時頃そっちの店に行きます。」
「うん、待ってる。じゃあね。」
それだけを言って、天野さんは店を後にする。

最近では、美容室以外の仕事もするようになって、益々得体のしれない人になっているが、俺に対しては変わらず優しく接してくれる。知り合って間もない頃、天野さんの事を好きだと思っていたけど、その好きはちょっと違っていたみたいで、すぐに桂へ行ってしまった。普通なら俺の事見放しても仕方がないのに・・・・・。

そんな昔の事を思い出しながら、棚の商品を並びかえると、店内の客を見る。

平日は、やっぱり男の客が多い。
見るからにホストっぽい奴もいるけど、最近は学生が多いな、と思った。

ひとつ先の駅前に美容の専門学校が出来て、それから此処にもそこの学生が買いに来るようになったが、初々しくて可愛い。
この前の高校生じゃないけど、ホント、若いってだけで眩しい存在だ。

俺も、天野さんから見たらそんな風に見えていたんだろうか。









ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント