【曼珠沙華】 炎に落ちる112



 とめどなく溢れる涙で前が見えなくなるが、桂のお父さんに支えられて部屋へと戻って行った俺だった。

「ありがとうございます.......」

ドアの前で、向き直り挨拶をする。

「いや、お礼なんて.......、一緒に待ちましょう。秀治と友田さんの事を」
そういうと、俺の肩をそっと掴んだ。
それからトントンと叩いてくれてその場から離れる。

俺は、ゆっくりとドアノブを回すと中へと入って行った。

「.......千早?!.........大丈夫?」

「......うん、大丈夫だ。.........」
泣き腫らした顔を見られるのが恥ずかしくて、俯いたまま椅子に腰かける。
アネキは、そう、というと、ベッドから起き上がって俺の方に近づいて来た。

「ここまで来て、諦めたくはないけど.........、あたしは覚悟したから。」

「覚悟?」

「そう、この先何が起こっても、あたしは慌てたり取り乱したりしないから、アンタにも心配かけないから......、だから、千早は自分の事だけ考えて。泣きたかったら泣いていいんだからね?!」
アネキが俺の頭にそっと手を置いた。
小さい頃にしてくれたみたいに、忙しい母親の代わりに、俺が寂しい時には頭を撫でてくれた。
その感触をこんなに大人になってから思い出すなんて.........。

「アネキ、.........」

ぶっきらぼうで男勝りなアネキらしい言葉を聞いて、切ないような、頼もしいような。

頭上に感じるアネキの指先で、癒されるような気がした。
しばらく目を閉じると、ゆっくり深呼吸をする。

「.....俺、アネキに言ってない事があるんだ。もちろん親父やオフクロにも。」

「....え?.........なに?」
手を止めると、俺の顔を覗き込んだ。

「俺、.........俺と桂は........、恋人同士で、.......ずっと前から、付き合っていたんだ。」

「..................」

返事に困っているのか、何も言葉はなくて。
こんな時に話してしまって、余計動揺させてしまうかもしれない。
でも、今だから言っておきたかった。桂が父親に話していたのなら、俺だって家族に知ってもらいたい。
俺と桂が本当に愛し合っていたことを分かってもらいたくなった。

「ゴメン、こんな時に.......でも、黙ったままじゃ桂に申し訳なくて。」
俺がこんな事を言っても、アネキはビクともせずに立ったまま。

「.....多分、そうじゃないかなって思ってた。........中学の時は分かんなかったけど、高校の時、なんとなくね。」
「え?!.......そうか........」

「大学生になってからは、絶対そうだって思ってたわよ。ただ、秘密にしておきたいのならそれでもいいやと思って。」
「.................」

俺の方も言葉がない。やはりバレていたんだと思うと、どこかでホッとした。
そして、それでも普通に接してくれたアネキに感謝する。

「今度はあたしが外に出てみるから、千早は謙をお願い。少し熱があるかもしれない。」
「うん、分かった。俺、おでこに貼るやつ持ってきてるし、一応熱測ったら貼っといてやるよ。」

「お願いね。」


ベッドでタオルにくるまっている謙の額に手を置いた。
汗で湿った額の髪がまとわりつく。

コイツの為にも、俺やアネキが泣いてばかりじゃダメだもんな。
でも、今日だけはゴメン。
明日からは、涙は見せないからな。





ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント