【曼珠沙華】 炎に落ちる118



 - - -  親に、捨てられた?!- - - 

カレは問題発言をしておいて、あっけらかんとした顔でこちらを見る。

17歳の高校生を捨てる親なんか................

そう思って、何故か桂の高校時代を思い出す。
アイツの両親がどんな人かも知らない時に、俺は桂の事をそんな風に思った。
どちらからも、求められない子。

でも、実際は違って、離れて暮らしたのは桂の希望だったことが分かる。
それも、俺の傍に居たい為だった。

でも、このおーはらクンの場合は..........?

「17歳って、高2か?」

「いえ、2月生まれなんで、高3です。」

「ああ、そうか...........。しかしまあ、親の事、そんな風に言っていいのかな。知らない人は信じてしまうよ。」
真新しいカードをファイリングすると、カウンターに手を置いたままいうが、カレはニッコリ微笑むだけ。

向きを変えると、店内の商品を見て周った。
ひとつ一つを手に取ると、ゆっくり見始める。その姿は、本当に雑貨が好きなんだと思うが、可愛い顔のわりに、どこか寂しくも見えるのは、そんな話を聞いてしまったからなのか。

ここは、部外者が変につつくとロクな事が無い。
俺には関係ないし..........



「買い付けは、いつ頃行かれますか?」
「え?............ぅん、そうだな、...........当分は無理かも。」

俺の言葉を聞くと、カレはカウンターに近付いて来た。

「もし、留守番がいなくて行けないっていうのなら、僕がここでアルバイトするのはどうです?別のショップで販売のバイトはやった事あるんで。」

「は、......何言ってんの?......そんな事出来る訳が.......。高校生に店任せるわけないって。せっかくだけどね。」

「...........やっぱり。ですよね?!.........」

変な子だ。
とても行儀がいいようで、そのくせ大人を小ばかにしているようなところもある。
「親に、.......」っていうのは、案外本当の事なのかもな。

「で?親に捨てられて、今住んでる所は祖父母の家、とか?」
俺が冗談で聞くと、「おじさんの家。」と言う。

「そうか、親戚の家なら良かったじゃないか。飯ぐらいは食わせてくれるだろうし。」
「.......そうですね。僕の学費を飲み代やパチンコに変えてる人ですけど、まあ、ご飯ぐらいはくれますから。」

「マジ?.........ちょっとしんどいね、その境遇。」
おーはらクンが、冷めた眼差しをする意味が分かった様な気がした。
大人は信用していないんだな。それでいて、ちゃんと大人に取り入る術を知っている。

「店長さんは、なんて名前ですか?」

「俺?.......小金井、(コガネイ)って言うんだ。」

「コガネイさん。.......じゃあ、また来ます。アルバイトの話は本気なんですけど、冬休みとか使ってもらえたら嬉しいな。」

「.......残念ながら、前ほど忙しくはないんだ。ちょっと休憩してるものだから。.......受験勉強もあるだろう、しっかり勉強すれば?」

「来年は、隣の駅にある美容学校に行きます。多分受かるんで。そしたらここでバイトしたいな........。」
そこは自身があるんだろう、案外成績もよさそうなタイプだし。

「そのころ、この店がまだあったらな。その時は考えてみるよ。」
俺は、何故かそんな事を言ってしまって、自分でも不思議だった。
突き放す事も出来たのに、まだお客さんだという意識があるからか.......。

「有難うございます。........また来ます。さよなら」

「ああ、...........また覗いて見て。」




店から出て行く姿を見送ると、入口の壁にもたれかかった。
ドアを背もたれにして、舗道を歩くおーはらクンの後ろ姿を眺める。


ああ、そうか...........髪の感じもだけど、後ろ姿が桂にそっくりなんだ。
歩き方も.........


人混みの中に消えて見えなくなるまで、ただぼんやりと眺めていた俺。

最後に桂を見送った時、強い日差しが邪魔をして、アイツの顔が見えないままだった。
今なら、こんなにハッキリ見えるっていうのに...............。

お前の顔を見るのが、アレで最後なんて思いたくはない。

突然帰って来て俺を驚かせてくれよ。

シャッター閉めたら、後ろにお前の姿があったらいいのに.....................。






ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント