【曼珠沙華】 炎に落ちる134



 「その人が’桂さん’ですか。メガネかけて真面目そう.........。小金井さんとはタイプが違うなぁ。」

おーはら君がテレビ台の横に目をやると、桂の写真を見て言ったので、俺もそちらに顔を向ける。

縁側に座って撮った写真が見つかって、写真立てに入れるとその前に小ぶりの花瓶を置いた。
そこにはカラフルな花が数本。

本当は菊とか、そういう花がいいんだろうけど、俺は赤や黄色の元気な色が桂には似合っていると思って。
三日に一度、実家の花屋からもらってくる。タダでもらう代わりに配達の手伝いをすることもあるが、母親も余分に持たせてくれたりして、みんなどこかで桂を忍んでいるんだ。

「俺と違って、桂は頭もいいしとにかく真面目だった。色々教えてもらったよ。」
そう言っておーはら君を見ると、テーブルの上の食器を片付けながら俺を見る。

「小金井さん、ゲイだって言ってましたけど、この桂さんもそうなんですか?」

「...........いや、........桂は違うな。ちゃんと女の子と付き合えてたみたいだし。でも、.........分からないや。」
おーはら君の質問に答えようとして、ふと、さっきの事が頭に浮かんだ。

「そういや、お前はどうなんだよ。男とあんな事出来るって......お前もゲイなの?」
少し小さな声で聞いてみたが、おーはら君はうっすらと笑みを浮かべただけだった。
この、なんとも言えない含みのある笑顔が、逆に怖いんだよなぁ......。それに比べたら、高校生の時の俺って、かなりウブだったと思う。

「ま、いいけどさ。何だって.......、おーはら君はおーはら君だもんな。」
「ジュン、でいいですよ。僕の名前、大原 純。..........大抵は大原って呼び捨てですけど、小金井さんにはジュンって呼んでほしい。」

「.................かわいい名前だな。まあ、俺のチハヤには負けるけどな。」
そう言って笑うと、おーはら君もニッコリと微笑んだ。




- - - 
その夜、おーはら君がシャワーを浴びている間に、居間に布団を敷いてやったが、この家に独りでいる事に慣れてしまった俺は、なんだか違和感を覚えた。ひと月以上も落ち込んで暮らしていた俺が、こうして高校生なんかの為に甲斐甲斐しく布団を敷くって...。
しかも、少し浮き足立つような。別に変な気は起こさないが、誰かのために何かしてやるなんて思ってもみなかった。


「有難うございました。サッパリして気持ちよかったです。」
おーはら君が、そう言って頭を拭きながら入ってくるとお辞儀をする。
こういう所は行儀がいいんだよな.........。

「学校行く前に、家に戻らなくていいのか?教科書とか、着替えとか。」
俺が聞くと、「大丈夫です。教科書は学校のロッカーの中だし、着替えはこのデイパックに入っているから。」という。

「お前、着替えとか持ち歩いてんのか?」
大きなデイパックは、高校生が通学に持つにはそぐわないと思っていたんだ。これはバックパッカーが持つようなもので。

「はい、僕の荷物はこれだけです。あ、この間買ったTシャツも入ってますよ。」と言って中身をゴソゴソと広げ出した。

「分かった、出さなくていいから。.........なんとなく、お前の生活環境が目に浮かぶ。こうやって、誰かの家に泊めてもらっていたんだろう?!」俺が言うと、おーはら君は「時々、ですけどね。」と笑った。


- もう、なんと言っていいのか............

今どきの高校生がみんなこうなのか、それとも、おーはら君だけなのか.........。
分からなくなって、俺は早々に切り上げるとシャワーを浴びに風呂場へと向かう。


同居のおじさんが、どんな人なのかは知らないが、俺ですらジェネレーションギャップを感じてしまうんだ。
更に上の年代なら、もっと理解に苦しむのかもな。アイツの母親が戻って来なかったらどうするんだろうか......。

.........俺も、どうしようかな.............





ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント