【曼珠沙華】 炎に落ちる156


 洗面所の棚の上に、バスタオルとTシャツとスウェットパンツを用意する。それから真新しい下着を置いておくと、スツールの上で膝を抱えて座り煙草をふかした。

またもや俺は、余計な事をしてしまったんじゃないのか・・・・

根本的な部分で、俺はおーはらを助けてやれる自信がない。俺自体、やっと自分の希望を見つけて前を向き始めたばかり。
腰に彼岸花のタトゥーを入れたからって、寂しさから逃れられるはずがない。でも、そんな気休めに縋るしかない、おーはらの気持ちが哀れで..................。
タバコの煙を吐きだすと、ぐるりと首を回した。

ガチャッ---

風呂から出たおーはらが、「ありがとうございます。借ります・・・・。」と言ったので、「暑かったら短パン貸すけど。」と声を掛けた。

「・・・大丈夫です。」
頭を拭きながら部屋に入ると、ぐるっと室内を見廻した。

「思ったより広いですね。」そう言うとベッドに目をやった。

「・・・キングサイズはなかなか売ってないし、ここには無理だからな。」と、俺は少し笑って言った。
おーはらが覚えているかは分からないが、どうせならキングサイズのベッドを買って欲しいと言っていたんだ。

「フッ、確かに・・・」
おーはらも笑みを浮かべる。が、すぐにその目は悲しみの色を放つ。
下を向き、じっと立ったままのおーはらに、「座れよ・・・・。」と言ってスツールを指した。

ゆっくり座る姿を見ながら、俺はこの先に出す言葉を探すが見当たらない。さっきの連中の事を聞いたところで、説教でもしてやるつもりか・・・?自分の中のあいつらのイメージは悪いが、おーはらにとってはそんな事が無いのかもしれない。正義感を振りかざすつもりもないし、俺には関係のない事かもしれないと思った。


「あの、どうして僕なんかを連れて来てくれたんです?勝手に出て行ったのは僕なのに・・・・。」
辛そうな声で言われて、俺はつい眉間にシワを寄せてしまったが、「お前じゃなくても、こうしていたさ。」といった。

「・・・・そう、ですか・・・。」

「ああ、未成年のガキがあんな事してたら・・・・・いつか警察に摑まっちゃうだろ。そんなの、嫌だからな。知り合いが捕まるとか・・・。」
タバコをもう一本取り出すと火を点けたが、おーはらの顔を見たら泣きそうな顔になってて、俺は火を消すと立ち上がって傍に寄った。
俯いた顔に手を伸ばすと、顎を掴んで上を向かせる。

「................?」

俺の目をじっと見つめるおーはらだったが、そのうち眉が下がると大きな瞳に涙が溢れ出した。

.........ズッ、................ズズツ...............

鼻をすすり乍ら顔を歪ませているおーはらに
「今夜はここに泊まるって、ママにメール入れておけ。心配するからな。」といった。

「..............は、い。..........」
ズズッと鼻を鳴らすと、テーブルの上の携帯に手を伸ばす。
その後ろ姿を見て、少しだけ安心する俺。こうして俺の言葉を素直に聞くところは可愛い。
コイツの事はママに任せて、俺は関わらない事にしようと思っていたのに.................。
結局手を取ってしまうんだ。



シャワーを浴びて冷蔵庫からビールを出すと、少しだけ口にする。
ママの所で飲んだ酒は、完全に抜けてしまって、この状況で落ち着くためにも多少のアルコールは必要だと思った。

ダブルベッドに横たわるおーはらは俺に背中を向けていたが、やっぱり緊張しているのか、肩が上がっていた。

布団をめくり、おーはらの横に身体を滑りこませると、そっと肩を抱いてやる。

「.............」
振り返って俺を見るおーはらの瞳の奥に、戸惑いの色が見えた。

「今まで、抱いてやれなくて悪かったな。こうやって肩を抱くぐらいはしてやっても良かったのにな。」
俺はおーはらに謝る。

「..............」
「俺はさ、器用な男じゃないんだよ。桂が死んで、寂しいからって次の男に行くとか出来ないんだ。」

「..............」
「でもな、おーはらが俺の横に居てくれて、救われてたんだなって、お前がいなくなって初めて分かったよ。」

「.......こ、がね、いさん............。」

「こうやって、肌が触れ合うって暖かいな。気持ちがあったかいってのかな.....?よく眠れそうだ...............」


俺の腕の中で、おーはらが泣いているのは分かったが、そのまましっかり抱きしめていた。
暫くすると、疲れも出たのか、微かな寝息をたてて目を閉じるおーはらの顔を見ると、俺もゆっくり瞼を閉じた。




ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ご覧いただき有難うございます
こちらにカザミドリ 貼らせて頂きますが、若干のR18?に入る部分もあります
年齢に達しない方は、どうぞスルーしてください ↓
【カザミドリ】〔風見鶏〕僕を見ないで12

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント