【曼珠沙華】 炎に落ちる158


 マンションのドアの前にうずくまる人影を見て、俺は「ふぅぅぅ~ッ」と息を吐く。

「おかえりなさい」
膝を抱えたおーはらが、俺に気づくと立ち上がった。

「ただいま。っていうか、何?バイトの帰りか?」
ポケットからカギを取り出すと、ドアノブに差し込んでカチャリと回す。

「昨夜借りた服。コインランドリーで洗ってきて........返します、有難うございました。」
デイパックからゴソゴソ取り出すと、ビニール袋に入った服を俺の目の前に差し出した。

「おう、・・・・」と、片手で受け取って部屋にあがる。が、後を付いて来ないおーはらに振り向き立ち止まると「どうした?上がれば?」と言ってやった。

その一言が欲しかったのか、口元をあげるとニコッと微笑む。もう昨夜の様な泣き笑いではない。

「飯は?・・・俺は実家で食ってきたんだけど。明日うちの両親が九州へ行くんで、最後の晩餐だ。」

おーはらが持ってきた服をビニール袋から取り出しながら話すと、「そう言ってましたっけね。いよいよですか・・・。
僕はテキトーに食べますから、気にしないで下さい。」という。


チラリと覗く鎖骨に目が行くと、昨日も感じた事だけど、おーはらは痩せた気がした。
「お前、はじめママの所でちゃんと食ってるのか?あの人料理美味いだろ?」
今度は向き合って顔を見ながら聞いた。

「..........ま、ぁ..........でも、家では飲み過ぎて潰れている事多いし、料理は僕が作ってます。」

「あ、そうなんだ?!・・・・じゃあ、ママも助かってんな。お前も料理美味いもんな。」

「そんな事ないですけど・・・・、居候させてもらってますから・・・」
そう言って苦笑いをする。

- なら、帰ってくれば?- 
なんて言葉は軽々しく言えない。
成人するまで、おーはらを預かるつもりでいたが、俺たちの繋がりは何処かで歪が出る。きっとまた離れてしまうんだろうな、と思う。


「はじめママは、口は悪いけど包容力のある人だから、出てけと言われるまでは置いてもらえ。その分ちゃんと金を貯めておくんだぞ。」
俺が言いながら、おーはらの顔を見ると、また苦笑い。

「小金井さんは厳しいな・・・・。」とポツリと言う。

「俺が?・・・・まさか、全然緩いだろ?!」驚くと聞き返すが、おーはらは真面目な顔をしてこちらを見る。

「でも、優しいんだ。・・・・・優しくて厳しい。僕はどうしていいのか分からなくなる。甘えたいのに甘えてはいけないような気がして。」
じっと見ていた顔を曇らせると、少しだけ俯いた。

「もう、・・・償いはチャラですからね。僕は、もう十分小金井さんにはお世話になったし、本当は僕の方がお礼をしないといけないのに・・・・」

「・・・・償いとかお礼とか・・・・、そういうの、なんだかな・・・」
俺が言葉に詰まると、おーはらはデイパックを肩に担ぎ「じゃあ、僕は帰ります。コレ返しに来ただけなんで。」と言ってお辞儀をした。
「あ、・・・うん。じゃあな、・・・・・」と、言った俺は、それ以上何も言えなくなって。
ただ、おーはらの後ろ姿を見送るしか出来なかった。


大きなデイパックを見る。
あそこにはおーはらの持ち物が詰まっているんだ。すべての荷物をあんなバッグに詰め込んで、その身ひとつで転々としているんだろうか。
手を伸ばして、一言、ここにいてもいいと言ってやれば済む事だった。

..............でも、俺は言えずに口を閉ざす。



ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いつも有難うございます
こちらにカザミドリ貼っておきます
フォロー、ブックマークしてくださって有難うございました
↓ ↓
【カザミドリ】〔風見鶏〕僕を見ないで14

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント