【曼珠沙華】 炎に落ちる165

*R18につき年齢に達しない方は閲覧できません。m(__)m




 おーはらの肩を抱きしめたのはいつだったっけ............

そんなに遠い昔の事ではないのに、こうして俺の下で唇を噛みしめるおーはらを見るのは久しぶりな気がする。


.........ん......ふっ、............


滑らかなビロードのような肌触りは、指の腹でヘソの周りに円を描く俺には心地良かった。
くすぐったいのか、時折腹筋がピクッと波打つとおーはらの分身も息をするように勃ち上がる。

「気持ちいいんだ.........?」
俺が片方の手を下に伸ばして聞くと、首だけでコクリと頷いて自分のモノを俺の手に擦りつけた。

「シて...................」

触ってほしいとばかりに、自分で押し付けると身体を揺らす。

..........は、ぁ................

俺は手を添えると、その上におーはらの手を乗せて自分でするようにヤらせた。

ン.............ぁ、...............はぁ、.......

徐々に息遣いも荒くなり、薄目を開けて俺を見る眼差しに色が付きだす。甘く潤んだ瞳には、桃色の桜の花びらを想わせるような儚げで静かな色気が漂う。




「おーはら................」そう呼ぶ俺に、「...........ジュン、って...............ジュンって呼んで.........」と懇願する。

「ジュン、.................」
そう呼びかけて、唇に蓋をするように覆いかぶさると、俺のモノも一緒に包んで扱いた。


は、っ..........................は、................ぁ、


先端から滴る蜜は、二人の腹を濡らしていくが、やがて息を止め顎を大きく反らしたおーはらが「ンンッ........」と呻くと、手の中にたぎる白濁を放出。
それでも尚、俺が扱き続けると、おーはらは顔を歪めた。

「も、.........ぁあッ、............ヤ........」

苦しそうに悶えるさまが、俺の脳裏に快感を呼び起こさせる。
と、俺も手の中に精を放った。

は、..........ぁ.............、








ベッドの上で仰向けになって、天井を見つめる俺の横で、おーはらはそっと胸に手を乗せてこちらを見ている。

「..........なんだ?」
向けられた視線が痛かったが、おーはらの顔は見ずに聞いた。

「............小金井さんは、...........桂さんって人の事を本当に愛してたんですね。」

「え?......」
そんな事を今この状況で聞くのかと思ったが、俺はおーはらの言葉に耳を傾けた。

「僕は、あの写真立ての中の、笑顔の桂さんを見るのが嫌でした。」
「は?........」

「桂さんの視線の先には、きっと満面の笑みを向ける小金井さんがいるんだと思って..........憎らしかった。」

そんな事を言われて、思わず顔を横に向けると、おーはらの頬をつねってやるが、「いたッ、....」と、肩をすくめて俺を見る。
目にしたおーはらの顔は悲しそうだった。
そんな事を思いながら、写真立ての前に置いた花瓶の花を変えていたのか.........。
まったく気づきもしなかったよ......。俺は長い間、’嫉妬’なんて言葉は封印していた気がする。

そんな感情は、多分高校生の時に感じて以来忘れてしまっていた。
桂がくれる100パーセントの愛情に、俺も100パーセントで答えていたから.....

「ジュンは俺とどうなりたいの?」
つねった頬を指で撫でると聞いてみた。シミもホクロも無いスベスベの肌が少しだけ赤い。

「そんなの、.......僕は小金井さんに初めて会った時から好きになっていたんだ。少しでも近くに居たいと思うし、特別な存在になりたい.........、でも、ダメなのはわかっているんです。」
力なく発する言葉は、おーはらの深い闇に溶け込んでいく。何処かで、幸せになれない自分を分かっているような、そんなため息交じりの言葉。

「.........ダメかどうかは分からない。桂を忘れない事に変わりはないけど、お前の気持ちは嬉しいよ。」

「........ほんと?」

「ああ、..........嬉しい。」
「小金井さん、.............」

跳ねるように俺の胸に飛びつくと、おーはらは俺に口づけをした。





ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ご覧いただき有難うございます
カザミドリ こちらに貼らせて頂きます。
フォロー、ブクマ有難うございます。
↓ ↓
【カザミドリ】〔風見鶏〕僕を見ないで19

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

ますみ様 こんにちは

> 亡くなった人には勝てないし競争も出来ない。
> でも、温もりは与え合うことが出来る。

そうですよね、記憶の中の恋人はずっとその姿のまま生き続けるでしょうし、勝てっこ無いのです。
今感じる事が出来る温もりを大切にしてほしいなって思います。

> おーはらくん、一番にはなれなくても、一緒に歩いて行けるようになれたらいいね。
> 千早さん、気持ち、伝わった・・・?

おーはらの気持ちは嬉しく思っているのに、千早は恋愛に関しては不器用なのですよ。
そこだけは、感覚だけで進めないのです。
おーはらくん、気長に待てるか心配。

ご訪問有難うございました。

No title

亡くなった人には勝てないし競争も出来ない。
でも、温もりは与え合うことが出来る。

おーはらくん、一番にはなれなくても、一緒に歩いて行けるようになれたらいいね。
千早さん、気持ち、伝わった・・・?