境界線の果てには。(030) R-18

カチャカチャ、…ジ……

素早く真咲の手によって、開放された広斗の雄が、ビクンと腹に当たり先走りの糸を引くと、また新な蜜を滴らした。

……フ…

小さな刺激にも、敏感になった肌は粟立ち、真咲の唇が蜜を舐め取ると、大きく弓なりに反った背中に力が入る。

「ひ、ろと…気持ち……い?」
問いかけにも、ただコクコクと頷くだけ。

舌先をすぼめた真咲によって、ゆっくりとくびれの部分をなぞられた。

「ぅあ!……」
たまらず声が上がり、膝が持ち上がると、真咲の手で片方の膝がベッドに押し付けられた。

広斗が顔の前で手を交差させ、必死で射精感を堪えていると、真咲の手がそれを引き、自分の雄に押し当てる。

いつの間にか、広斗の目の前には、たぎるような光をはなつ真咲の雄があった。

……手を筒のようにし、ゆっくり上下にしごけば、真咲の先端からも光る蜜が溢れる。

ニチャ…ヌチャ…

間近で聞く音が、視界に入る映像と合わさって、広斗の腰にもクる。

ン……

真咲の口からも甘い吐息が洩れ、更に広斗の分身は口内深く飲み込まれた。

ァア……ン……ぅあ

なんとか射精感を抑え、目の前の弧立したものに集中しようとした広斗に
「…ひ、ろと…オレの、おんなじ様に舐めて…」

真咲が、口を離して言った。

「………!」
一瞬、この間の事が頭に浮かぶ。

「俺、へたなんだけど…いいの?」
自分の股関に、顔を埋める真咲に聞いた。

「ん、いいよ。…オレに舐められて、気持ちいいトコ、広斗も舐めてみて。」

艶かしい瞳で言われて、頷く。

真咲の様子を伺いながら、同じように舌先を滑らせた。神経を集中させ、先端の小さな口を舌先で押し広ければ、「ン……」と喘ぎ声が。

自分もされているのに、今は真咲に気持ち良くなってもらいたくて、目を瞑ることもなく舐めたり吸い上げたりした。

……ぅ……ん…ん…

段々と、リズミカルな動きになった二人が、瞼を閉じると、後はただ精を放ちたい欲求が押し寄せて来る。
「ン……イ…ク…ぁ……イ…ク…ぅ……んツ」

次の瞬間、口内が一気に熱を持ち、震える分身は息を潜めた。

広斗は、思わずゴクリ、と納めてしまい
「ウツ」と、口を押さえた。

「あ、…飲み込んじゃったの?……」
慌てる真咲に、首でうん。と答える。

「バカだなぁ、初フェラで飲んじゃうなんて…。」

そう言われて、真咲の方を見るが、自分だって出していない。

「お前だって‼」
ふてくされて言うと、
「オレは慣れてるし。…広斗のだったら毎日でもいいよ。」

-聞いた俺がバカだった。
それにしても、えらく不味い!
せっかくのステーキの味が、上書きされてしまったんだけど……


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント