『君と まわり道』 14


 病室で拓海の寝顔を見ていると、昔の事を思い出す。

学校は共学だったが、オレは女子が苦手で男とばかり釣るんでいた。その中に拓海もいて、周りが子供じみた悪戯をして騒いでいても、一人ひょうひょうとしてオレたちを眺めている。拓海はそんな少年だった。

男同士で肩を組んだりプロレス技を掛けあったりして、自然と肌が触れ合う事にいつの間にか過剰反応をし始めて、思えばその頃自分の性癖に気づいたオレ。
誰にも聞けないし言えない。オレは一人で悩んでいた。

丁度その頃、松原あけみが拓海に告って、それを周りに冷やかされて、結局付き合う事になった二人。
オレは自然と距離を取ったよな。だって、二人の事が眩しくてさ、それに寂しかったんだ。拓海を取られた気がして・・・・

たった一年で二人が別れて、内心ではホッとした。また昔のように遊べるって思ったから。
でも、拓海は前より少し離れてオレを見るようになった。かといって、仲が悪い訳じゃない。ただ、流れる空気が変わったっていうか、もともとベッタリはしていなかったけれど、更に涼やかな眼差しでオレを見るようになったんだ。

オレが子供じみていたんだろうな・・・・・

ベッドに手をかけて、布団から出ている拓海の手をとると、ギュっと握り締めた。
こんな事、起きている時にしたら殴られそうだもんな。
ゲイだってバレて、家から追い出された時、初めて拓海に打ち明けた。それでも、こいつはオレを気持ち悪いとは言わなかった。
行くところが見つかる迄は、自分の所に居てもいいと言ってくれたんだ。

オレは、その言葉をそのまま受け止めた。他意は無い。オレの事を仲のいい友人だと思って置いてくれている。
そう思っていたのに............、あの日松原が現れて、オレたちの関係は一気に崩れた。
その松原が死んで、またオレたちの間には見えない壁が作られる。

何でもキッチリこなす拓海が、酒を飲んでこんな事になるなんて、オレには理解が出来ないよ。
松原がオレに言った言葉の意味はなんだったのか・・・
抱き合う姿を拓海に見せて、いったい何が分かると思ったんだろう・・・。
かなり酔っぱらっていたオレは、半分訳が分からなくて、でも、オレを見る拓海の目がすごくキて、松原を抱いてしまった。
あの時、頭の中では拓海を犯していたような気がする。松原のカラダを借りて、オレは拓海を抱いていたんだ。

そんな事をしておいて、今更お前の所に居たいなんて言えないよな・・・・・



- - - 
なんとなく、遠くで人の話し声が聞こえると、オレはそ~っと目を開けてみた。
ベッドのシーツを掴んでそのままうつ伏せ状態でうたた寝をしてしまったようだ。
頭をあげると拓海の顔が見えて、その目がじっとオレを見ているから気まづくなる。

そのまま上体を起こすと、自分の顔を手で擦りながら「おはよう。」といった。

「..............ここ?」
拓海がオレを見ながら聞いてくる。

「急性アルコール中毒。お前どれだけ飲んだの?ミサキと同僚が発見してくれて、命拾いした。」
「あ、............そう、か...........。」

「拓海が泥酔するところ、見てみたかったな。今まで潰れるまで飲む事なかっただろ?!」
「..........ああ、初めて、かも...........」

「もうすぐ看護士さんが来るだろう。それまで寝ておけ。」
「うん、..........。」

オレは、拓海の肩に布団を掛け直すと、少しだけホッとする。
顔色はサイアクだったが、取り敢えず命に別状はなくて良かった。松原に連れて行かれるなんて嫌だからな.........。






ご覧いただき有難うございます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 桔梗の咲く家読み終わりました

aiさん、こんにちは。

> いつもありがとうございます

こちらこそ、いつも読んでくださって嬉しいです。

> 孤独な二人が運命の出会いをして再会をして
> 一緒に幸せになれて良かったです

そうなんです、一緒に幸せを噛みしめて欲しかったのです。

> そして
> またまたお願いがあります
> ロクイチをアップして頂けないでしょうか?

はい、私もアップしたいと思っておりました。
が、ロクイチはイラストも交えての作品にしていましたのに、今回の事でバラバラになってしまい残念です。
一話ずつのタイトルも考えてつけていたのに、全くわかりません。すべて白紙です。

そこで、少し改正しつつ本編のみをアップしてまいります。
結構長くなったので、どこまで続くか分かりませんが、なんとか頑張ります。
またpixiv小説への投稿となりますが、よろしければ、ご覧下さいね。

ご訪問有難うございました。


桔梗の咲く家読み終わりました

こんばんは
いつもありがとうございます
孤独な二人が運命の出会いをして再会をして
一緒に幸せになれて良かったです
そして
またまたお願いがあります
ロクイチをアップして頂けないでしょうか?
お手数をお掛けしますがよろしくお願いします