『君と まわり道』 65

遂に**R18**
お気をつけて!!





 -----------クチュ、

生暖かいローションを手の平に垂らすと、それを指ですくい後ろの窄まりに塗り付けた。
モチロン指にはゴムをはめ、自分で解そうと腕を後ろに回す。
拓海は、そんなオレの姿を喜々として見ているが、「スゲぇ、そんな風にすンだ?!痛くない?」なんて聞いてくるから気が散ってしまう。

「うるせぇ、黙って待ってろ。」と、こんな時に似つかわしくない言葉で、拓海を諭す。が、冷静な目で見たら、オレの格好はちょっとおかしいんだろうな。

ベッドの上で座った拓海の膝の上に片足を乗せると、もう片方を肩に乗せて、すべてを拓海にさらけ出す様に開脚している。

「なんかキツそう・・・・。やっぱりそんなトコに入る気がしない。裂けたらどうする?」

「................、だから、そういう事言うなって!オレが必死でやってんだからさぁ。」
ホントに調子が狂う。オレがするときは、相手の身体を触りながらしっかり解してやるのに、コイツはキラキラとした子供の様な目でじっと眺めているだけ。ちっとは手伝えっての!

グチュ、.....クチ、..................
尚も音をたてて後孔が指を呑み込んでいくと、拓海が前のめりになってオレの首を掴むとキスをしてくる。

「あ、足、........足が................、」
拓海の肩に乗せた太ももが自分の胸につきそうになると、身体の硬いオレは悲鳴を上げた。

すると拓海は、オレの足を降ろして引き寄せる。オレの後孔が良く見えるように腰を掴んで持ち上げると、解すオレの手にくちづけをした。そのまま足の付け根を舌が這うと、雄の根元に甘噛みをする。

「ぅッ、......」
小さく喘いだオレの腹筋が波打って、眉を寄せると拓海の顔を見た。

一心にオレのモノに舌を伸ばす姿が愛しくて、そう思うと早く繋がりたいと思ってしまう。

「も、いいかも............、」
そう言うと、オレが拓海の身体を上に乗せるように引き上げる。
互いの肩や鎖骨や首筋を舐めるように愛撫すると、興奮は高まり何度も唇に吸い付く。

オレは、拓海の硬芯に手を伸ばすと軽く扱いた。
ソレはすぐに十分な大きさになり、先端の蜜も溢れ出している。
指でくるりと円を描くと、枕もとのゴムに手を伸ばし拓海のモノにはめてやった。

「も、う、いいの?」
小さな声で聞くが、オレが、うんと頷くとニッと口角をあげる。

入口を確認するように、オレの指をなぞるとそこに自分のモノを当てがって、ツっと、指を抜くのと同時に入って来た拓海の分身に、ちょっと緊張する。が、ソレはゆっくりゆっくりとオレの中へと突入してきた。

少しキツイのが分かる。拓海は、快感を得ながら痛みも伴っているかのように口を開けると「う、ぅ、ぅ、ぅ」と唸っていた。
オレはと言うと、初めは緊張したが、少し慣れてくると指より頑丈なものを受け入れて、まだ全部は入っていなかったがなんとなく気持ちよくなった。

「キッツイ、..............アツシぃ、大丈夫かぁ?」
漏れる様な小さな声で聞かれて、「う、ん。ダ、........じょぶ............ん、.............ぁ......」と、これまた変に力の抜けた声で答えてしまった。

互いの目を見ながら、照れて一つに交わって、心も体も拓海と繋がれた喜びをかみしめる。
こんな気持ちは初めてだった。ひとつになれて切ないような、嬉しいような..................。
拓海がオレのモノに手を伸ばして扱くが、その度に後が閉まる気がして、「ウッ」と呻く。

やがて、ゆっくりと律動が加わると、オレの意識もそこへ集中した。
ヌチュ、ヌチュっと、水音がリズムを奏でて、オレと拓海の息遣いも荒く最高潮に達した。

............、ぁ、................あッ、....................

拓海がオレの腰を掴んで固定すると、尚も強い刺激を加えられ、パン、パンと肌が密着しては離れる音が耳について離れない。
オレはまた、この幸せをかみしめていた。





ご覧いただき有難うございました

にほんブログ村

人気ブログランキング






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント