『君と まわり道』 72


 ゆっくりとインターフォンを押す拓海の指を見る。その先に、オレたちの新居となる部屋があるのかと思うと、背中が少しだけむず痒くなった。なんだか恥ずかしくて..........。

「はーい」
高くて通る声が聞こえて、その声は上司の奥さんだと言った拓海。
「山城です、こんばんは。」
「あ、今開けまーす。」
そう言うとすぐにドアが開いて、ドアの向こうに見えたのは中年のおじさん。いや、拓海の上司の森口さんだった。

「「こんばんは、遅くにすみません。」」
オレたちが揃って挨拶をすると、上司の森口さんは「いやいや、ゆっくり見て行ってください。」と言ってニコリと微笑んでくれる。
早速、部屋に案内されると、聞いていた通り6帖の和室と洋間が二部屋。リビングは12帖あるらしい。

「ここにある家具は良かったら使って。うちの両親は、田舎暮らしを満喫するらしくって、使っていたものは置いて行ちゃったんですよ。要らなきゃこちらで処分するからね。」
森口さんの両親は、きっとセンスのいい人たちなんだろう。置かれた家具は、みなイタリア製のもので、このマンションの部屋には似合っているが、多分、田舎じゃあ浮いてしまうだろうなと思った。

「こんな高そうな家具を頂いてしまっていいんですか?」
オレが聞くと、森口さんの奥さんは「いいのよぉ、今どきは処分費用もバカにならないんだから。特に、こんな大きな食器棚やベッドなんて、本当に引き取り手も無いのよ。使い古しで申し訳ないんだけどね。」と言った。

「とんでもないです。すっごく助かりますよ。是非使わせて頂きます。な、拓海?!」
思わず、ここに住むような事を言ってしまって、拓海の顔を見たらハッとした。オレが決めてしまったみたいで.......。

「ああ、アツシが気に入ったんなら。俺はこの間見せてもらった時に気にいってたし、いいんだけど。」
拓海はオレの方を向くと、頷きながらそう言った。

「お二人は中学からの友人なんですってね?!長く付き合えるのって羨ましいわぁ、年頃だし、彼女とかもいるんでしょうに。」
奥さんが、リビングのテーブルにお茶を置きながら言ったが、一瞬オレと拓海と森口さんの三人で顔を見合ってしまう。
拓海は、森口さんにオレとの事を言ったらしいが、この時、本当に言ってしまったんだと分かった。口を一文字にして、目だけを見開いた森口さんの顔が、痛い所を突かれた様な顔をしたから。

「っま、そういう事は、プライベートな事だからなぁ、今どきは会社でも、そんな事言ったらパワハラとか言われるんだぞ。気を付けなさいよ、ママ。」
そう言って、ソファに腰を降ろすと奥さんを窘めた。なかなか苦しい返答をして、このまま奥さんには言わずにいた方がいいんだろうと思う。森口さんの為にも.....。

「なんか、自分とアツシは、離れても又一緒になってるっていうか、.........、結局二人でいるのが心地いいんですよね。ケンカみたいになって離れても、自然と巡り会うっていうのか。」
「ああ、分かる気がするわぁ。きっと、目には見えない何かに引き寄せられてるんでしょ。まあ、彼女は慌てて作らなくてもねぇ、二人ともイケメンだし、100人の中から選んだらいいわよ、ほほほ、」

拓海の言葉を聞いて、奥さんはあっけらかんと笑ってオレたちを見る。
ふくよかなその顔立ちには、邪な感情とか無くて、少しだけ悪い事をしているような気持ちになるが、森口さんもホッとしたのか、お茶を飲むとソファに身体を沈めて安堵の表情を浮かべた。

オレは、キッチンとバストイレもチェックして、古いけれど綺麗に使っていたのが分かると、すぐにでもここへ移って来たいと思った。
「引っ越しが決まったら、室内清掃の業者を入れて、もう一度ちゃんとして引き渡すから。あと、ベッドマットは新しいものに変えておくよ。」
森口さんが言うと、奥さんも頷いて「そうね、一応肌に触れるものだけは、新しいものにしなくっちゃ。それは私たちからの引っ越し祝いにさせていただくから。」と言ってくれた。

「何から何まで、本当に有難いです。」
「有難うございます。そこまでして頂いて、本当に助かります。」
拓海と二人で交互に礼を言うと、その場は和気あいあいと和んだ雰囲気になり、森口さんも奥さんも本当にいい人で良かったと思った。


オレたちは、マンションを後にすると駅までの道を並んで歩く。少しだけ通勤には遠くなったが、それでも、商店街があるし生活には困らなさそうで、早速、買い出しはオレが早番の時に二人で行こうとか、気の早い事を言いながら歩いて行った。







ご覧いただき有難うございました

にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

> お、漸く同棲生活突入だね♪拓海、男らしくて、いいじゃん!(^_-)-☆
> 今後も期待しています。

宙水さま 有難うございます。
漸くです--------

拓海を褒めて頂いて嬉しいですねーi-194
頑張ります。

No title

お、漸く同棲生活突入だね♪拓海、男らしくて、いいじゃん!(^_-)-☆
今後も期待しています。