『寄り道しないで帰ろうよ。』 405号室-1



 ‐----405号室
 部屋番号の下、ネームプレートに刻まれた二つの名前を横目で見ながら、亜麻色の床に最後の段ボール箱を置くと、ふぅ、っと溜め息をついて額の汗をタオルで拭った。

 リビングの一角に寄せられた20個程の段ボール箱を眺めると、改めて自分の持ち物の少なさに驚く。しかも、荷造りをする時に気付いたが、中身はほとんどが黒系の衣類や小物ばかり。

 「拓海ぃ~、お前の部屋こっちで良かったんだよな?!」
そう言ったのは、俺より先にここへ来ていた男で。
渡部 淳(ワタベ アツシ)は、俺の中学からの親友で今は恋人。俺の名は、山城 拓海(ヤマシロ タクミ)。
先日、誕生日を迎えて24歳になったばかりの社会人2年目。

 「どっちだっていいさ、どうせ寝室は一緒なんだから、要は荷物置き場なだけだろ?!」
床に置いた箱のガムテープを剥そうとして、しゃがみ込んだ俺が言うと、アツシは隣の和室から顔を覗かせて、もう一度「いい?!」と聞く。つまりは、俺が隣の和室で、自分は奥の洋間を使いたいって事だ。ダブルベッドは、別の洋間にすでに設置されているし、俺はアツシの方を向くと「いいよ。俺は和室でいい。」と言ってやった。

 部屋は三つ。和室が一部屋と洋間が二部屋。あとは12帖のリビングダイニングに4帖のキッチンとバス、トイレがこの家の間取り。
会社の上司の親が経営する賃貸マンションに、俺たち二人は今日越して来たばかり。マンションの管理人の役目も請け負うという事で、格安の賃料で住める事になり、話が決まった時、俺は本当に嬉しかった。

 それまでは、俺のアパートでアツシと同棲生活を送るものと思っていたから、上司からこの話を聞いた時は一人で興奮した。
 最初は躊躇していたアツシも、ダブルベッドに惹かれたのか、快く引っ越しを受け入れてくれて、俺が上司に二人の関係も報告済だと言うと、複雑な顔はしたが喜んでいるようだった。

 「なあ、笑っちゃうぐらいオレの荷物少ないんだけど.....。実家から運んだのってパソコンとかCDだけだもんな。」
 アツシは俺の横に来ると、ガムテープを剥すのを手伝いながら言う。既に自分の荷物は荷解きが終わってしまったらしい。

 「実家を追い出された時は、服と身の回りの物しかなかっただろ?俺が実家へ連れてってやったからパソコンも持ってこれたんだ。でなきゃ、未だにデイバッグ一つに荷物を詰め込んだだけの男だったよ?!」
 半分はイヤミのつもりで言ってやった。
 「それを言うなって!もう二度と帰るもんかと思ってたのに、拓海に騙されて実家へ行っちゃったんだ。.........でも、感謝はしている。それに、’ヤドカリ’状態のオレがこんな立派な部屋に住める事が出来て、これも拓海のお蔭だ。」
 「まあ、感謝してもらっているならいいんだけどさ。ところで、オーナーが置いてった家具はどう?全部使うのか?」
 この部屋は、元は上司の両親が住んでいて、田舎の古民家を買ったとかで、老後はそこで悠々自適に暮らすらしく、家具とかも置き去りの状態だった。

 「うん、クローゼットも少ないし、チェストとか使わせてもらうつもり。拓海は?」
 「俺も、和室にある和箪笥がカッコイイから、使わせてもらうよ。結局、アパートで使っていたテーブルや椅子は、ここには不釣り合いだしな。あれは同僚の奴が欲しいっていうからやることにした。」
 「ふぅん、そうか。なんか、寂しい気もするなぁ、あのアパートの物には思い出もあったし.....。」
 少しだけ寂しい顔を見せると、アツシは俺の肩にもたれ掛かった。

 「なに?!ホームシック的な?...............もともと俺の部屋なんだけどな。どうしてアツシが寂しがるんだよ。」
 「だってさ、オレが母親にゲイだってバレて追い出された時、最初に頼ったのが拓海のトコじゃん?しばらく居させてもらって、まあ、その後離れたけど、又一緒に暮らす事になって、自分の家みたいに思ってたんだよな。」

 そう言うと苦笑いをする。 本当に、俺たちはここへ辿り着くまでの間、グルグルとまわり道をしてきた。互いの気持ちを知りながらも、自分がゲイだという事をどこかで卑下しているアツシ。俺が同じ場所に立つ事を恐れていたんだ。だから、自分からはなかなか踏み込んで来れなかった。
 
 「思い出はあるけどさ、でも、ここからが長いんだ。もっともっと、沢山の思い出をここで作ろうぜ。な?!」
 その言葉は自分に向けた言葉でもあった。アツシと二人、ここから始まる日常の細やかな場面をこの目や胸に刻みつけたいと思う。そうして、いつか遠い先に笑って話し合える日が来ればいいと思っていた。

 「拓海、.................、なんか、オレ涙出そうなんだけど。お前って、ほんとにイケメンで優しいのな!マジで好き。」
 そう言って、俺の肩に置いた頭をどけると、背中を掴みながら顔を近付けて頬にキスをしてきた。
 「はは、何だよ。俺は昔っから優しい男だって言ってんだろ?!どさくさに紛れてチュウするなよなぁ。」
 アツシの顔を押しやる様に手をかざすが、そのまま勢いよく俺の上に乗られると、リビングの床に寝転んでしまった俺は身動きが取れなくなる。アツシの顔が俺の鼻先まで近づいて、なんとなく目を閉じた俺は口づけされるのを待った。

 俺の鼻先で、微妙に揺れるアツシの息遣いを感じると、そっと瞼を開けてその顔を見たくなる。アツシの視線が俺の唇に集まっていることが分かると、少しだけ唇を開いて受け入れる用意をした。

 「なあ、背中痛くない?ソファにあがって。」と、アツシは俺の腕を引くと抱き起した。

 ゆっくりソファにもたれると、その上に重なる様にアツシが身体を寄せてくる。そうして俺の太ももに跨ると、首に腕を回して抱きつく。力は弱いが、その躰は熱を持ち甘い吐息と共に俺の唇を覆った。
 啄ばむように何度も触れては離す唇がもどかしい。離れるたびにもっと絡めたくて、アツシの顔を追うように突き出す唇。
 「アツシ、................好きだ................。」

 「........、オレも好き。...........大好き。」

 言葉を交わせば、とめどなく溢れる想いが二人を包んで、ソファに躰を沈めれば時間を忘れて抱き合った。




 

* * * 
今日から始まりました。
拓海と淳の新しい生活の1ページ。
これから暫くお付き合いください。


にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント