境界線の果てには。(047)

自分でも気づいてるんだけど、俺って真咲を不機嫌にさせてしまうみたい。
深い意味はないのに、サラッと言ってしまった言葉のせいで険悪ムード。
今まで数えたら切りがない。

スーパーでも、無言のまま買い物カゴに材料入れるし…。
まぁ、俺はいつも後ろをついて行ってるだけなんだけどさ。今日は、一個もチョコレート買えなかった。全て却下されて戻された。

ぶつぶつ言われる方が、まだまし。
無言ってのは、心臓に良くないよ。
真咲の顔を見ると、冷ややかな目で見返され、更にドキドキがひどくなる。

昔、女の子と付き合ってた頃は、一方的にキレられる事があると、そこまで。すぐに別れてたのに…。
今は、何故だか修復されて、元に戻る。


やっぱり、アレ、あの娘と付き合うなんて言わなきゃ良かった。
末永先生が言うとおり、独占欲の強いコ イ ビ ト。


女の事でもめるのはマズイな。けど、確かめないと先に進めないんだ。
真咲には分からない・・・・・と思う。


hirotoこどくな広斗






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント