FC2ブログ

『迷惑な落とし物。』21



 背中から抱きしめてくる正臣の手が燃える様に熱い。
俺のスウェットパンツをズリさげて、その柔い部分に触れてくるとギュっと力が入った。

力の抜けた俺は、正臣の身体の動きに合わせて漂う様に身を任せるしかなくて.........。

息がかかる。うなじに、正臣の熱く茹だる様な吐息が掛かり、目を閉じている俺は敏感にそれを感じ取った。

身体を密着させると、俺の腰に硬く滾るものが当たり、それだけで恍惚とした表情になってしまいそうな俺は、顔を伏せたまま。
時折ちから強く俺のモノを握ると、その手を上下に揺らす。
うな垂れたままの俺に、「...........ハル、ミ.............」と声を掛けると、額を俺の背中に擦りつけて来た。
そんな事が可愛くも思えて、情にほだされるというのはこういう事か、と思った。

せわしなく動かされる手の中で、俺の分身はムクっと頭を持ち上げて来る。
それが分かって、正臣は尚も執拗に攻めたてる。

.............は、ぁ....................、マサオ、ミ.................

その声で、俺の身体を向き直らせると、正臣がその上に乗って来た。
見上げた正臣の顔は見るのが恥ずかしくて、出来るだけ見ないように視線は天井に向ける。
でも、顔を近付けられて、仕方なく眼を合わすと瞳はすっかり濡れていた。

俺のと自分のモノを一緒に包むようにして扱くと、正臣は小さく呻きながら腰を揺らす。

頭の中ではダメだと拒否しても、身体は正直だ。
ずっと前からこうしたかった。そんな願望が叶えられて、自分がゲイだと告白したわけでもないのに、気分はすっかりセックスに臨む態勢になっていた。

はぁ、はぁ、という呼吸の音だけが狭い部屋に充満してくると、まるで犯してくれと云わんばかりに正臣の腕にしがみ付く。
近付いてきたくちびるが俺の鼻先に止まると、少し戸惑い気味に俺の頬に落された。
キス。................これはキス、なんだろうか。

ほんの一瞬の出来事だった。

尚も力強く扱くと、正臣が先に果てた。
俺はその後を追う様に、先端から蜜を出す。が、正直物足りなさを感じてもいた。
本当はその滾る硬い芯を俺の中に挿れてほしい。そんなバカな事を願いながらも力尽きた俺は、ただ正臣の身体に押しつぶされそうになっていた。




にほんブログ村

BLランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント