境界線の果てには。(058) R-18



 ...........も...........いい?......ネ.....

俺の話をぼうっと聞いている真咲に、顔を向けてねだると、一瞬ハッとしたのか目を見開いた。
「ねぇ......もういいだろ?!....貴哉さんとは、その時一回だけ。.......もちろん先生とは、何もないよ。」
「.......ああ、......ゴメン。.........」

そういうと、真咲が俺の背中に舌を這わして、肩甲骨のくぼみを吸う。くすぐったい様な気持ちいい様な感じで、ゾクゾクした俺は思い切りのけ反った。

「貴哉さんに嫉妬なんかすんなよ?.......俺の相手は真咲だけ......だろ?」
「............相手....って.....なんか他に言いようがないのかよ!」
「え?」
次の言葉が出る前に、真咲の手が俺の後孔から抜かれ、くるりと躰を反転させられると、片足を持ち上げて真咲の硬芯の先を当てられた。


 十分に解された蕾は、ひな鳥の口の様にパクパクと綺麗な朱色を見せつける。
そこに真咲の硬いものが捻じ込まれ、広斗は息を飲む。

あ........ぁ、い...い.......ン........ン....

しっかりと広斗の腿を持ち上げて、奥まで届くように硬芯を打ち付ければ、肉の弾ける音が部屋中に響く。
何度も何度も、打ち付けては引き、また奥まで刺すと、広斗の張り詰めたものからは、ダラダラと蜜が溢れ出た。

ぁあっ、....ンん........いっ、.........んん......

広斗の手が、自分のモノに伸びるが、真咲がその手を掴んでは邪魔をする。

ヤ、....ぁあっ.....
イ......かせ.......テ.......

「はっ、....はっ......
ダ、メ.......この、まま......イって.....」

広斗の手首をつかむと、そのまま腰を打ち続け、懇願されても分身を触らせない真咲の心には、独占欲と、いまだ口に出来ない”コイビト”への愛の言葉が渦巻いていた。
言いしれない真咲の感情が広斗へと向かう時、こういう形でわざと無理をさせる事がある。


やっ、............ぁ...ぁ

半ば気を失いかけながら、広斗の分身からは勝手に白い蜜が零れ、腹の上で水たまりの様に広がっていた。

はぁ、はぁ.........はぁ、はぁ..........は.....

荒い息のまま、真咲の肉棒が奥深くまで打ち込まれると、痙攣する肉壁の中に精が放たれ、ジワリと感じる熱で広斗は放心する。

ンふ............ンン........




真咲がゆっくり腰を引き、柔くなったものを引き抜くと、広斗の横に倒れ込むように、体を投げ出し横たわった。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント